ハガキの横書き・縦書きどっちが正しいの

ハガキを書く場合には、様々なルールやマナーが存在しています。
そのようなルールやマナーをしっかりと理解して書くようにしなければ、常識を知らない人間として扱われてしまいます。ハガキを受け取った方への印象も悪くなってしまうため、しっかりとルールやマナーを守ることが重要となります。

特に、留意すべきなのがハガキを書く場合に、縦書きで書く場合と横書きで書く場合のどちらが正しいのかという点です。

ハガキの場合、住所や宛名書きを記載する面を表面、伝えたい内容などを記載するのが裏面とされています。表面や裏面を縦書きや横書きのどちらで記載するのが正しいのかという点については、表面をどのような記載としているのかによって判断します。

表面を縦書きで書いた場合には、裏面も縦書きとするのが正しい書き方となります。同じように、表面を横書きで書いた場合には、裏面を横書きとするのが正しいことになります。

このような書き方が正しいとされる理由は、ハガキを受け取った方が読みやすいレイアウトが重要とされるためです。表面と裏面で書き方が異なっている場合には、裏返した際に読み取りづらい状態になってしまいます。そのため、表面と裏面のレイアウトを合わせておくことがルールやマナーに沿った書き方となります。

また、縦書きや横書きを行う場合の文字の配置にも、しっかりとしたルールやマナーが存在しています。縦書きを行う場合には、ハガキを縦長に置き、右上から書き始めることが重要となります。文章を読む場合に、右上から順に左下に向かって読むことになるため、このような書き方が必要とされます。

また、横書きを行う場合には、ハガキを横長に置き、左上から書き始めることが重要になります。左上から順に右下に向かって読むことになるため、このような書き方となっています。
このように、縦書きや横書きを行っていくためには、読む相手にとって一番読みやすいレイアウトにすることを重視してハガキを書いていくことが非常に重要となります。

年配の方だけでなく若者でも、このようなルールやマナーを厳格に求める方は多くいます。そのため、相手によってレイアウトを変えるのではなく、しっかりと正しい形でハガキを書くことが必要です。

場合によっては、写真やイラストなどを添えることもありますが、そのような場合にも読みづらくなるレイアウトは避け、読む相手にとって読みやすい形にまとめていくことが賢明となります。

自分メモ(忘れないために)

2015年の年賀状は富士フィルムで全国のお店・インターネット・スマートフォンからも
年賀状の印刷も年々様変わり!最新の2015年の年賀状デザインからピッタリの1枚を見つけてほしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>